お役立ちブログ

契約書は全てのトラブルを予防できる?!実は「条文の解釈」が問題となることも…

契約書を作成すればあらゆる紛争(トラブル)を予防できる!!というわけではありません。
条文の解釈が問題となることもあります。

「条文の解釈」を意識して契約書を作成しよう!

  • ・契約書の記載内容に解釈の争いができるだけ生じないようにすること
  • ・争いが生じた場合にも有利に解釈されるようにすること

「裁判所の契約解釈の方法」を知っておくのも大切!

残念ながら紛争が生じてしまった場合・・・
裁判所は契約書の記載内容を解釈することにより紛争を解決します。
ですから、裁判所の契約解釈の方法を知っておくのも大切なことです。

裁判実務での解釈の基準は、「目的適合的解釈」「経験則の活用」が有効とされていますので、下記の2つのポイントが重要となります。

  • ・契約の目標を把握し、それをどのように契約書に反映するか
  • ・経験則を念頭に契約条項の有利・不利を考えること

契約書を作成すればすべての紛争を予防できるわけではなく、解釈が問題になる、ということを念頭に置いて条文を作成することをおすすめします。