お役立ちブログ

長期にわたる取引に、「契約の自動更新条項」そのメリットと欠点

契約を結ぶときは一般に、
その存続期間(始期~終期)を定めます。
その期間が満了すると契約は当然に終了します。

しかし、取引がこの期間よりも長期にわたって続くことが
予想される場合があります。

その場合には、自動更新条項を定めることにより、
再契約の手間を省くことができます。

契約の自動更新の条項

契約の自動更新の条項として、具体的には3つあります。

  1. 自動更新の条件
    いつまでに更新しない旨を通知する必要があるのか
  2. 更新期間
    自動更新がされた場合の契約期間はいつまでか
  3. 更新期間満了時
    更新後の契約が満了となった場合には、
    契約が終了するのか、更に自動更新されるのか

この3つの条項についての扱いを定めます。

自動更新条項がない場合は?

自動更新条項がない場合、契約期間が終了後に、
事実上従前と同様の取引が続いていることがあります。

その場合、当事者間に紛争が生じた際に、
その契約書に定められたことを要求できなくなる
ケースもありますので、注意して下さい。

自動更新条項の欠点は?

ただし自動更新条項があると、
契約を途中で打ち切りたいと思った場合に
契約解除するのが難しいといった欠点もあります。