お役立ちブログ

半日年休は認められる?

年休の単位は1日以上とするのが原則と考えられますが、従業員の請求に応じて会社が任意に半日年休を認めることは差し支えないとされています。逆に、半日年休付与が労使慣行として確立した制度として労働契約の内容となっているような場合は、会社には半日年休を受け入れる義務があることになります。

なお、就業規則で半日年休を認める規定をおく場合に、その要件を一定の正当な理由がある場合に限定することも許されると解すべきでしょう。