<育児・介護休業> 事業主が注意すべき点について

<育児・介護休業> 事業主が注意すべき点について

転勤に対する配慮 事業主は、従業員に就業場所の変更を伴う配置の変更を行おうとする場合に、これによって育児/介護が困難になる従業員がいるときは、配慮しなければなりません。 不利益取扱いの禁止 事業主は、育児休業/介護休業に…

<育児・介護休業> 介護をする従業員が利用できる制度

<育児・介護休業> 介護をする従業員が利用できる制度

介護をする従業員が利用できる制度があります。(対象となるには一定の要件あり) 介護休暇 申し出により、介護の対象家族が1人であれば年に5日まで、2人以上であれば年に10日まで、1日単位で休暇を取得することができます。 法…

目的物を受領したら速やかに検査をしましょう

目的物を受領したら速やかに検査をしましょう

商法には目的物の検査について、とても重要な条文があります。 【商法第526条】 1項 商人間の売買において、買主は、その売買の目的物を受領したときは、遅滞なく、その物を検査しなければならない。 2項 前項に規定する場合に…

介護のための短時間勤務制度等の措置、整備していますか?

介護のための短時間勤務制度等の措置、整備していますか?

事業主は、要介護状態にある対象家族を介護する従業員が希望すれば利用できる、以下のいずれかの措置を講じなければなりません。(対象となるには一定の要件あり) ・短時間勤務制度 ・フレックスタイム制度 ・始業終業時刻の繰り上げ…

目的物の受領とは?

目的物の受領とは?

買主が、目的物が契約条件に合致するか否かを検査した結果、それを受け入れる行為を“受領”といいます。 注意しなければならないのは、売主が目的物を契約条件(納期・品質・数量等)どおりに買主に引渡したとしても、それにより債務の…