お役立ちブログ

<育児・介護休業> 事業主が注意すべき点について

転勤に対する配慮

事業主は、従業員に就業場所の変更を伴う配置の変更を行おうとする場合に、これによって育児/介護が困難になる従業員がいるときは、配慮しなければなりません。

不利益取扱いの禁止

事業主は、育児休業/介護休業に関する各制度の申出や取得を理由として、解雇などの不利益な取扱いをしてはなりません。