お役立ちブログ

<個別労働紛争>裁判所における紛争処理制度

前回に引き続き、裁判所における紛争処理制度のうち、今回は民事調停についてです。

民事調停は、裁判官と民事調停委員(民間から選任)で構成される調停委員会が、当事者の合意に基づき紛争解決を図る手続です。

地方裁判所だけでなく簡易裁判所でも実施されます。また、労働審判制度よりも簡易な手続であり、裁判の専門知識がなくても利用しやすいことが特徴です。軽微な事案について、話し合いによる解決を目指す場合に向いた手続です。