お役立ちブログ

<個別労働紛争>相談窓口のご案内(最終回)

専門家による相談窓口

○社会保険労務士連合会「総合労働相談所」、「社労士会労働紛争解決センター」

労働分野の相談は、弁護士や司法書士の他、社会保険労務士も担います。

各都道府県の社会保険労務士会は、相談窓口として「総合労働相談所」を、また、裁判外紛争解決機関として「社労士会労働紛争解決センター」(青森・栃木・大分・佐賀を除く)を設置しています。解決センターでは、社会保険労務士があっせん委員となり、あっせん手続の中で労使間を仲介し、和解を目指します。

 

さて、いかがでしたか?これまで個別労働紛争の相談窓口を連続でご紹介してきましたが、相談先はこのように数多くあるのです!

もし、個別労働紛争でお困りでしたら、一人で抱え込まずに最寄りの窓口で相談し、適切な手続選択に必要な情報を得ましょう。

無論、ご相談は弊事務所でも承っております。どうぞご利用ください。