<服務規律>セクハラが起きないようにするために②

<服務規律>セクハラが起きないようにするために②

刑法犯にもなり得ます 従業員によるセクシュアル・ハラスメントは、まず本人が不法行為による損害賠償責任を負うことがあります。場合によっては、刑法犯(暴行罪、傷害罪、強要罪、強制猥褻罪、強姦罪等)に該当することもあります。 …