<個別労働紛争>どの手続を利用するのかを決めるポイント①

<個別労働紛争>どの手続を利用するのかを決めるポイント①

紛争解決のためにどの手続を利用するのかを決めるポイントについて、考えてみましょう。 ○何を目的にするか 強制的な紛争解決や暫定的な法的地位の確保、権利・法律関係の存否の判断を求めるのであれば、裁判所における手続が向いてい…