映画の著作物の著作者は誰になるのでしょう?

映画の著作物の著作者は誰になるのでしょう?

映画の著作物の作成には多くの人が関わることも多いのですが、著作者とは誰になるのでしょうか?著作権法は次のように規定しています。   「映画の著作物の著作者は、その映画の著作物において翻案され、又は複製された小説…

職務著作の要件 ⑤法人内部の契約や勤務規則等に、別段の定めのないこと

職務著作の要件 ⑤法人内部の契約や勤務規則等に、別段の定めのないこと

前回までにご説明しました①~④の要件をみたしたうえで、著作物の作成時における契約や勤務規則等の法人内部の契約等において、従業員を著作者とする等の別段の定めが存在しないことが必要です。 以上の5つの要件をすべてみたした場合…

職務著作の要件 ④法人の著作名義の下に公表するものであること

職務著作の要件 ④法人の著作名義の下に公表するものであること

法人が著作者となるためには、自己の名を著作者として表示する必要があります。例えば、「著者:○○株式会社」、「制作著作:○○株式会社」、「この作品の著作権は、○○株式会社に帰属します」等のような表示です。 従業員の氏名を著…

職務著作の要件 ③法人の従業者の職務上作成されるものであること

職務著作の要件 ③法人の従業者の職務上作成されるものであること

法人の従業員が、その職務上作成することを要します。よって、職務との関連で従業員が独自に作成した場合は、法人は著作者とはなりません。 また、従業員が勤務時間中に職場内で作成することは必要はありません。時間や場所を問わず、そ…

職務著作の要件 ②法人等の業務に従事する者により作成されるものであること

職務著作の要件 ②法人等の業務に従事する者により作成されるものであること

法人等の業務に従事する者とは、使用者と作成者との間に雇用関係がある、または実質的にみて、法人等の内部において従業者として従事していると認められる場合をいいます。   通常、法人等と雇用関係のない部外者に委託して…

職務著作の要件 ①法人等の発意に基づいて作成されるものであること

職務著作の要件 ①法人等の発意に基づいて作成されるものであること

著作物を創作しようという意思が、直接又は間接に法人等により示されることが必要です。 例)著作物創作の業務命令、使用者による企画立案 等 法人と従業員との間に雇用関係がある場合には、法人から著作物創作についての具体的な指示…

職務著作となるための要件

職務著作となるための要件

著作権法15条は職務著作について定めた条文です。職務著作となるためには、下記5つの要件を満たす必要があります。 ①法人等の発意に基づいて作成されるものであること ②法人の業務に従事する者により作成されるものであること ③…

職務著作(法人著作)

職務著作(法人著作)

著作者となるのは本来的には自然人です。思想又は感情を創作的に表現するのは私達のような「人」ですね。ですが、著作者を自然人に限ってしまうと困ってしまう場合があります。 会社、行政等が作成する著作物は、その組織の複数の職員が…