顧問契約に関するQ&A

  • Q

    相談や契約書のチェックについて、1か月毎の件数の制限はありますか?

    A

    1か月あたりのご相談件数を制限しますと、後にもっと大きな相談事があるかもしれないとして、顧問先企業が弁護士に連絡するか否か躊躇してしまう可能性があります。これでは、せっかく顧問契約を締結しても意味がありません。このため、篠原総合法律事務所では、1か月あたりの相談件数や契約書チェックの件数の制限をしておりません。相談などの必要に応じて、お気軽にご連絡いただければと思います。

  • Q

    土日祝日に緊急の相談があった場合に相談が可能でしょうか?

    A

    篠原総合法律事務所では、原則として毎週土曜日は営業しておりますので(※)、面談でのご相談が可能です。また、日曜日や祝日のご相談につきましても、顧問先企業には弁護士の携帯電話の番号をお伝えしますので、お電話でのご相談に対応することができます。
    ※ 顧問先企業または既にご依頼中の方に限りご相談に応じています。

  • Q

    月額2万円と月額3万円の顧問契約の違いは何でしょうか?

    A

    月額3万円の顧問契約につきましては、月1回まで弁護士が顧問先企業を訪問してご相談することが可能ですが、月額2万円の顧問契約につきましては、面談でのご相談は弊事務所にお越しいただく必要があります。

  • Q

    無料お試しの顧問契約を申し込んだ場合、正式な顧問契約の締結が必要でしょうか?

    A

    無料お試しの顧問契約は、弁護士との顧問契約においてどの程度のレベルで対応しているのかを文字どおりお試しいただくものですので、正式な顧問契約の締結は不要です。お試し期間の終了直前にご意向を確認のうえ正式に契約を締結するか否かをお決めいただきます。

  • Q

    顧問契約の期間はどうなっていますか、また、中途解約はできますか?

    A

    顧問契約の期間は1年とさせていただいておりますが、不要となった契約をいつまでも継続することは意味がありませんので、顧問先企業からに限っていつでも中途解約できる内容となっています。

  • Q

    英文契約書のチェックや作成は顧問契約に含まれますか?

    A

    顧問契約での契約書のチェックや作成につきましては、和文のみとさせていただいております。英文契約書のチェックにつきましては、別途費用(48,000円+消費税)をお願いしております。また、英文契約書の作成につきましては、現時点では対応しておりませんが、現在、対応できる態勢を構築中です。

その他、顧問契約に関してご不明の点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。