契約書作成・チェック

契約書(法的文書)を法的文書作成を弁護士に依頼するメリット

契約書作成・チェックビジネスや日常生活において、契約書や合意書を交わすことが非常に多くなっています。ところで、契約書などを交わす際に、十分に内容を確認し、納得したうえで締結している方はどれくらいいるでしょうか。内容が複雑だったり、条文が多かったりする場合、適当に内容を見て、署名・押印してしまう場合が多いのではないでしょうか。

しかし、そのように安易に契約を締結してしまうことによって、後々思わぬトラブルに巻き込まれることも少なくありません。また、契約条項に曖昧な文言があったりすると、その解釈を巡ってトラブルとなる可能性もあります。

このため、契約書の作成を弁護士に依頼したり、先方から提示された契約書の内容を弁護士にチェックさせることは、トラブルの発生を予防し、円満な契約関係の維持にも役立つでしょう。

契約書(法的文書)作成の流れ

1 ご相談

どのような法的文書を作成するのかについて、ご依頼者と直接面談して確認します。契約書作成の場合、当事者間の権利義務等の詳細を聴き取りします。

2 法的文書作成

ご依頼者に確認した事項に基づき、契約書など法的文書を作成します。案文ができたら依頼者に提示し、適宜修正を行います。なお、文書の修正に別途費用は御請求しませんので、御安心下さい。

契約書(法的文書)チェックの流れ

1 ご相談

作成された契約書(法的文書)について、依頼者と直接面談あるいはメール・ファックスなどのやりとりをして確認します。

2 契約書のリーガルチェック

ご依頼者に確認した事項に基づき、契約書(法的文書)に法的なリスクがないかどうか、リーガルチェックを行います。修正・改訂案をご依頼者に提示いたします。なお、文書の修正に別途費用は御請求しませんので、御安心下さい。